カテゴリ:車( 693 )

福袋1

イエローハットの福袋 1,080円

b0045558_514917.jpg

ざっと、見積り(笑)

座布団 100円×2枚
シャンプー 1,500円
ガラスクリーナー 800円
タイヤワックス 800円
傷隠し 1,500円
スポンジ 300円
ダスター 300円

合計 5,400円 税込で、5,832円

上出来 !
[PR]
by tamarin21jp | 2015-01-03 05:21 |

冬対策

b0045558_10183287.jpg

死ぬほど固く固定されていたよん。
インパクトでは、無理。
昔ながらのレンチに、パイプを付けてテコの原理でなんとか。
しっかり、体力消耗。
b0045558_10221534.jpg

途中で判明。
回転方向指定あり。
よって、6本の脱着。
[PR]
by tamarin21jp | 2015-01-01 10:23 |

バッテリーの充電と取り付け

b0045558_102169.jpg

フル充電。ほっとけば、維持をするそうです。
b0045558_1024675.jpg

液入れる蓋は、開けときましょう。
ガス発生するよん。
b0045558_1034493.jpg

電源Offしてから、端子を解放する。
b0045558_1044954.jpg

蓋を閉めて、バッテリーの上を掃除。
b0045558_1055142.jpg

バッテリーを固定。
b0045558_1064111.jpg

終了したら、こんな雪(笑)
[PR]
by tamarin21jp | 2015-01-01 10:07 |

電気の垂れ流し

消費が、供給よりも多いのです。
夏場に、1週間乗らなかっただけでバッテリー上がり。

b0045558_22171518.jpg

ナビとオンダッシュモニター(DVDや地デジとバックカメラ用)とレーダー(タコメーターと水温計と瞬間燃費計化(笑))。
b0045558_2218359.jpg

ドライブレコーダーとETC。
b0045558_2222544.jpg

シートヒーター。エアコンは、曇らない限り使用しません。
b0045558_22231125.jpg

夏場は、バッテリー液の補充で乗り切りました。あれこれ付けています。
b0045558_22243081.jpg

バッテリーを外して、充電。
希硫酸なので、手袋は必須(笑)。
皮膚は、再生しますが、、、
b0045558_22335765.jpg

2Aでの充電。12.1Vしか無かった。
b0045558_22345217.jpg

すぐれもの ?
b0045558_2235192.jpg

b0045558_2235326.jpg

b0045558_22364023.jpg

b0045558_22365830.jpg

b0045558_22371583.jpg

b0045558_22393863.jpg

b0045558_22402531.jpg

約2時間で、60%。
b0045558_22411747.jpg

バッテリー液。安いものでも、OK。
b0045558_22423226.jpg

無残な状態。

車両に、バッテリーを取り付けたままでも充電可能みたい !
水素ガスを発生するので、車両から外す方がおすすめ。

明日は、雪の中でのバッテリー装着(笑)
スタッドレスにも、履き替え予定 !
[PR]
by tamarin21jp | 2014-12-31 22:47 |

タイムズ24の“駐車”に特化した「ドライビングレッスン」に参加してみた

b0045558_2253468.jpg

 受講者に配られる冊子には、指導にあたる自動車教習所による“駐車のコツ”として駐車方法が記載されているが、レッスン自体は駐車技術をただ教え込むというものではない。受講者が普段から行う運転で駐車してもらい、その中で癖などを指導員が分析。安全かつ確実に駐車できるよう、個人個人に合わせたアドバイスをするという形式となっていた。

 冊子に記載された駐車のテクニックは、斜め45度にクルマの頭を振り、自車の内側の後輪と隣に駐車しているクルマのフロントコーナーの間隔を50cmにとり、そのまま間隔を維持しながらハンドルを切り、バックで区画に入っていくというもの。

 筆者も体験してみたのだが、きちんと区画に入ったつもりでも左右の間隔が均等でないことや、隣のクルマとの間隔に気を使いすぎて膨らむことなどが指摘された。今回は乗り慣れていないクルマだったこともあるが、把握しきれていないと感じていた部分が見事に指摘された。また、筆者は特に指摘がなかったが、安全確認の甘いドライバーについても指摘していくという。プロの指導員の指摘力に感服だ。

 一般参加者のドライビングレッスンも見てみたが、あまりクルマに乗り慣れない受講者でも、駐車を繰り返すうちに、指導のせいかみるみるうまくなっていくのを目の当たりにした。

次に、コインパーキングに限らず、意外に苦手な人が多いと思われるのが料金精算機への寄り付きだ。今回のレッスンでは右カーブの後で精算機に寄り付くシーンを再現したが、大回り気味に回り込んで最後は直線で少しずつ寄り付いていくという方法を教えていた。

 レッスンでは2回寄り付きを行い、インスタントカメラで精算機とクルマの間隔を撮影、2度目の技術向上具合を確認できるようになっていた。

 なお、レッスンのために特製のバルーンを作り、ぶつかってクルマや精算機が傷つく心配なく寄り付きの練習ができるように配慮した。この特製バルーンは各地のレッスン会場で使われるとのことだ。

人気ブログランキング
Click!
お願いします
_| ̄|○
[PR]
by tamarin21jp | 2013-09-23 22:05 |

2012年 衝突しても安全な車ランキングベスト20!(国内編)

b0045558_2124876.jpg

 今回国内編としてのランキングは、独立行政法人自動車事故対策機構が行っているJNCAP(日本新車アセスメントプログラム)のテスト結果に基づいている。以下のランキングの対象車両は平成23年度以降のテスト実施車種であり、特に売れ筋車種についてのみの試験が行われている。


新安全評価5つ星は、以下の6車種
1位スバル「インプレッサ」(SCA付)181.8点、 
2位トヨタ「カローラ アクシオ/フィールダー」179.7点
3位トヨタ「レクサスCT200h」179.6点、     
4位スバル「レガシイワゴン」177.6点
5位スバル「インプレッサ」174.2点       
6位日産「エルグランド」173.1点
新しい車が上位を占めている。年々車両の安全性が高まっていることが考えられる。

スバルは、頑張っていますね。

人気ブログランキング
Click!
お願いします
_| ̄|○
[PR]
by tamarin21jp | 2013-09-15 21:25 |

軽四の進化系

b0045558_22143550.jpg

今の税制が、改定されたら、こんな車になりそうです。

 ダイハツ工業は9日、インドネシアで新しい小型車「アイラ」を発売した。排気量1000ccのエンジンを搭載する5人乗りで、インドネシア政府がこのほど導入したエコカーに対する税優遇に他社に先駆けて適合した。親会社のトヨタ自動車にも供給し「アギア」の名称で販売する。トヨタとダイハツは今後、新興国向けの小型車で連携を強める方針だ。

 ダイハツ・アイラの価格は円換算で約65万~91万円。月4000台の販売を目指す。トヨタ・アギアは同85万~103万円で、月5000台を販売する計画だ。ダイハツのインドネシア子会社が、ジャカルタ近郊の新工場で生産する。

 インドネシア政府のエコカー優遇策の適合第1号となり、税の減免措置が受けられる。

 ダイハツは当初、アイラを2012年内にも発売する計画だった。しかし政府によるエコカー優遇策の策定が遅れ、発売を引き延ばしていた。

人気ブログランキング
Click!
お願いします
_| ̄|○
[PR]
by tamarin21jp | 2013-09-09 22:16 |

VW、ゴルフとup!の電気自動車を初公開

b0045558_17363923.jpg

 フォルクスワーゲンは9月10日のプレスデイで開幕するフランクフルトショーに、ゴルフとup!の電気自動車版“e-ゴルフ”と“e-up!”を出展すると発表した。

 e-ゴルフとe-up!は、それぞれゴルフとup!の4ドア車をベースに、EVパワートレインを搭載したゼロエミッション車。e-ゴルフは最高出力115ps、最大トルク270Nmを発生し、0-100km/h加速が10.4秒、最高速度は140km。一方、e-up!は82psと210Nmを発生し、0-100km/h加速が12.4秒、最高速度130km/hの動力性能を持つ。

 航続距離はe-ゴルフが190km、e-up!は160kmと公表されている。

 装備は、停止時にも作動するヒーター&ベンチレーション機能付きのエアコンやカーナビ、フロントガラスヒーターなどを装備し、e-ゴルフはフォルクスワーゲンで初のLEDヘッドライトも備えるという。

人気ブログランキング
Click!
お願いします
_| ̄|○
[PR]
by tamarin21jp | 2013-08-29 17:36 |

全長2550mmと超小型の2人乗りEV、ピューズが開発を開始

b0045558_16205126.jpg

 電気自動車(EV)の車両開発や技術コンサルティング、部品販売を行うピューズ(千代田区内幸町)は、業務用に使える超小型EVの試作開発を開始した(発表資料)。開発するEVは2人乗りで、大きさは全長2550mm×全幅1476mm×全高1830mm、ホイールベースは1675mmとする。車両の重さは「電池を除いて500kg程度」(同社広報)。需要に応じて総電力量2.2kWhまたは4.4kWhのLiイオン2次電池を搭載する。モータは定格出力6kW、定格電圧48Vで、前輪を駆動する。充電走行可能距離(電池容量が4kWhでエアコンを使った場合の試算)は35km。参考充電時間は電池残量10%から100%への充電で1時間程度という。最高速度は45km/時である。また、災害時などにこのEVから電力を供給できるオプションを用意する。

 開発したEVは当面、軽自動車として登録するが、将来は、国土交通省が導入を検討している「超小型モビリティ」として登録できるようにする。例えば、旅行会社で採用し、旅行客が駅から観光スポットをまわる際に使うような利用シーンを想定している。座席後ろの荷室の容量はこれから検討するが「少なくともキャリーケース2個分は確保する」(同社広報)。使用形態を考慮して電池容量を抑えるとともに、既存部品を流用することで低価格を実現する計画。「年間100台前後の受注があれば、単価は100万円前後に抑えられる」(同)という。

 2014年3月末までに開発を完了し、2014年度(2014年4月~2015年3月)に複数のサンプル販売を予定している。生産は同社の沖縄事業所(沖縄県うるま市)で行う。また、開発と並行して、地方自治体や旅行会社、カー・シェアリング事業者、リゾート施設などと車両導入の協議を進めていく。今後は、各事業者と協力し、クリーン発電や充電器といったインフラ・サービスなどと組み合わせて、EVを用いた新たなライフ・スタイルの提案を目指すとしている。

人気ブログランキング
Click!
お願いします
_| ̄|○
[PR]
by tamarin21jp | 2013-08-21 16:21 |

「eKurzinfo」

b0045558_2141374.jpg

アウディ、取り扱い説明書をアプリ化…スマートフォンやタブレット型端末に表示

利益率の高いメーカーに、見習いましょう♪

人気ブログランキング
Click!
お願いします
_| ̄|○
[PR]
by tamarin21jp | 2013-08-17 21:06 |