シューマッハの200万ドル寄付に続いて…

「レスポンス」から

2004年11月9日

2004年F1ワールドチャンピオン、ミハエル・シューマッハがユネスコに200万ドル(約2億円)の寄付を行った。これは昨年にひきつづき行われたもので、マネージャーであるウィリー・ウェーバーが代理として寄付金をユネスコ側に手渡した。シューマッハはこれまでもチャリティー活動に熱心なことで知られている。

これに触発されたのか、独自のチャリティー活動を実施しているのがマーク・ウェーバー。ウェーバー・チャレンジと名付けられたスポーツイベントを自らが発案。2003年母国オーストラリアのタスマニアで開催されたサイクリング、カヤック、トレッキングなどのイベントには、オーストラリアの有名スポーツ選手なども参加し大成功を収めた。

ウェーバー・チャレンジは、ウィリアムズのドライバーとなった今オフにも開催されるとのこと。


税金を納めるよりも名誉だよねぇ
[PR]
by tamarin21jp | 2004-11-09 21:33 |
<< ◆タレントの所ジョージさん(4... ハンドルが調整出来ない >>