VW イオス 日本発表】輸入車のオープンカーは伸びている

VW イオス 日本発表】輸入車のオープンカーは伸びている

フォルクスワーゲン・グループ・ジャパンの梅野勉社長は、『イオス』が位置するオープンカー市場について「全体の60%が輸入車ブランドで占められているという特異なセグメント」と評価、今後、成長すると期待を寄せた。

現在、日本のオープンカー市場は、2005年実績で登録乗用車の0.6%の約2万台であるという。その中で、輸入車の占める割合は約60%、しかも輸入車だけをみた場合、増加傾向にある。それもそのはずで、現在国産のラインナップのうち、オープンカーは2シーターや幌のタイプであったり、最上級セグメントに位置するものだけ。反対に輸入車のオープンカーは電動ハードトップタイプが多く、使いやすい4シーター、比較的買いやすい価格帯にあるものもある。

絶対数は、少ないですね。

人気ブログランキング
Click!

[PR]
by tamarin21jp | 2006-10-26 19:10 |
<< Google、「ググる」の使い... 定時 >>