世界初、イオンを検知して燃焼を制御する

世界初、イオンを検知して燃焼を制御する
「触媒早期活性化システム」を実用化


- エンジン始動直後の排出ガス浄化に効果 -

これが、逝かれている?
電話が入りました。
イグニッションコイルを交換します。

今回の「触媒早期活性化システム」では、火炎中のイオン発生状況をもとに燃焼状態が判定できるという特徴を利用。エンジンの燃焼状態を詳細に把握し、良い燃焼状態を保ちながら点火タイミングを1/10,000秒レベルで制御する。この火炎中のイオンを検知する原理は、ガス器具の立ち消え防止装置にも応用されている。
これにより、エンジン性能をベストに保ちながら、触媒へより高温のガスを送ることができ、エンジン始動直後からの触媒活性化に成功。触媒作用の課題を克服した。
また、システムに必要なイオン検出回路等はコンパクトなサイズで既存の点火装置への組み込み型とし、サイズ・コストともに軽自動車での採用が可能な技術である。

異常と言うことは、デタラメな燃焼状態なのか。

人気ブログランキング
Click!


センサーは、やはり消耗品?

部品を手配しているが、入荷が未定とのこと。
[PR]
by tamarin21jp | 2006-09-05 19:05 |
<< 物欲 早く改訂してほしい「Windo... >>