ガソリン卸値、8月も4.5円程度上昇 石油連盟会長

ガソリン卸値、8月も4.5円程度上昇 石油連盟会長

上がるだけ、上げてみろって。
それでも車が必要なの。
特に、田舎では。

本文
 石油連盟の渡文明会長(新日本石油会長)は19日の会見で、7月の原油輸入費が石油業界全体で1リットルあたり約4.5円上がっており、8月分のガソリン卸値も同程度の値上げとなる見通しを示した。石油情報センターによると、レギュラーガソリンの平均価格は現在137円。卸値上昇分をガソリンスタンドがそのまま価格転嫁すると、8月の小売価格は、90年12月以来の140円台となる可能性が出てきた。

 8月の卸値は輸入費が確定する今月下旬に、石油元売り各社が決める。業界全体では、原油代が前月より1バレルあたり約4.7ドル上昇し、円安も進んでいるため、調達コストは1リットルあたり約4.5円膨らむという。

 渡会長は最近の原油高について、「世界全体の需給面ではまだ余裕があり、投機資金の影響が大きい。中東情勢の不安定などで当面は高止まるだろうが、80ドルを超える水準での定着はありえないと思う」と述べた。

人気ブログランキング
Click!


マネーゲームは、ほどほどに。
最後には、泣くぞ。
[PR]
by tamarin21jp | 2006-07-19 20:50 |
<< 次世代「ビデオiPod」のプロセッサ 21日は、監査 >>