坂道に止めた車が動き出して死亡という事故

オートマ車のサイドブレーキは何のためにあるの?

正解は、下記。

サイドブレーキは、坂道の駐車では主役ではなく、あくまで補助です。では、どんなとき主役になるのでしょうか。サイドブレーキが活躍するのは“坂道発進” のときです。フットブレーキから足を離すと後ろに下がってしまうような坂道では、サイドブレーキが欠かせません。フットブレーキから足を離し、アクセルを踏んでエンジンの回転をあげるまでふんばってくれるのが、サイドブレーキです。

サイドブレーキは“坂道発進”のためのもので、“坂道駐車”のためのものではないことを知っておきましょう。駐車する時は、オートマ車は「P」に、マニュアル車は「L」か「R」に入れ、サイドブレーキを引くのが正しい止め方です。したがって「パーキングブレーキ」という表現は誤解を生む表現なので、「サイドブレーキ」と表現しましょう。

特に、4輪ディスクは気を付けましょう。
何度か、下がった経験があります。

MR-Sのシーケンシャル車はRか+か-へ入れておきましょう。

人気ブログランキング
Click!

[PR]
by tamarin21jp | 2006-06-13 18:42 |
<< 困っているんです リーク情報 >>