軽四の進化系

b0045558_22143550.jpg

今の税制が、改定されたら、こんな車になりそうです。

 ダイハツ工業は9日、インドネシアで新しい小型車「アイラ」を発売した。排気量1000ccのエンジンを搭載する5人乗りで、インドネシア政府がこのほど導入したエコカーに対する税優遇に他社に先駆けて適合した。親会社のトヨタ自動車にも供給し「アギア」の名称で販売する。トヨタとダイハツは今後、新興国向けの小型車で連携を強める方針だ。

 ダイハツ・アイラの価格は円換算で約65万~91万円。月4000台の販売を目指す。トヨタ・アギアは同85万~103万円で、月5000台を販売する計画だ。ダイハツのインドネシア子会社が、ジャカルタ近郊の新工場で生産する。

 インドネシア政府のエコカー優遇策の適合第1号となり、税の減免措置が受けられる。

 ダイハツは当初、アイラを2012年内にも発売する計画だった。しかし政府によるエコカー優遇策の策定が遅れ、発売を引き延ばしていた。

人気ブログランキング
Click!
お願いします
_| ̄|○
[PR]
by tamarin21jp | 2013-09-09 22:16 |
<< 誰もが、想定していないiPhone 発表直前「iPhone 5S」... >>