マニュアル車 復権アクセル スポーツカー、ディーゼル人気後押し

b0045558_9405861.jpg

オートマチック(AT)車に押され、国内市場で姿を消しつつあったマニュアル(MT)車が再び注目を集めている。背景には、運転の楽しさを味わえるスポーツ車や、 MTと相性が良いディーゼルエンジン車の人気が高まっている事情がある。 (藤川大樹)

 メルセデス・ベンツ日本は二十日、二人乗りのオープンカー「SLKクラス」に、6速のMT車を追加した。同社がMT車を日本市場に投入するのは二十一年ぶりで、販売台数の二割を見込む。

 MT車は、ギアチェンジやクラッチ操作など自分の思い通りに運転できる楽しさが売り。商品企画の担当者は「車は移動手段ではなく趣味性の高いツール。車離れから車回帰を目指したい」と話す。

 MT車は最近では、トヨタ自動車と富士重工業が共同開発した小型スポーツ車「86(ハチロク)」「スバル BRZ」の登場で再注目を集めた。両車の発売後一カ月の受注をみるとMT車の割合は「86」で約六割、BRZで約七割に上っている。

 「スバリスト」と呼ばれる熱狂的なファンのいる富士重には「『レガシィ』のMT車を販売してほしい」との声も届くという。

 環境性能に優れたディーゼル車の普及が進む欧州では、MT車の人気が高い。ディーゼル車は低速でも力強いためクラッチがつながりやすく、エンストの心配が少ないためだ。

 マツダは昨年十一月に発売した新型「アテンザ」で、ディーゼルエンジンを搭載したMT車を用意。一月末時点の受注割合は10%ほどで、広報担当者は「スポーティーな走りを楽しめる」と利点を話した。

人気ブログランキング
Click!
お願いします
_| ̄|○
[PR]
by tamarin21jp | 2013-02-21 09:42 |
<< 日産、横浜市で超小型車をモニタ... ガソリン車、燃費でプリウス抜く... >>