新型軽乗用車 スバル プレオ プラスを発表

b0045558_15294767.jpg

やっと、と言う感想です。
これで、スバルのお店(友人が、経営)で購入可能になりました。

TOYOTAの方が、先だったのは何故 ?

人気ブログランキング
Click!
お願いします
_| ̄|○

富士重工業は、新型軽乗用車スバル プレオ プラスを本日発表し、12月21日より発売します。

プレオ プラスは、軽自動車に求められる優れた機能性、経済性を備えたエコカーです。
ガソリン車トップレベル*1の30.0km/ℓ*2(JC08 モード燃費値)という低燃費、誰もが扱いやすく、快適なジャストサイズ、優れた安全性も確保しながら、79.5万円(消費税込)からという低価格を実現しました。

プレオ プラスは、ダイハツ工業よりOEM供給を受ける商品です。

【商品特長】

1.環境性能:

完全に車両が停止する前(約7km/h以下)にエンジンを自動停止する「停車前アイドリングストップ」、減速時の走行車両の運動エネルギーをオルタネーターが電気エネルギーに変換してバッテリーに回生する「エコ発電充電制御」、「高効率エンジンとCVT の採用」、ボディ骨格の設計合理化、内装パーツの構造見直しなど様々な軽量化の取り組みなどを行い、ガソリン車トップレベルの低燃費30.0km/ℓ(JC08モード燃費値)を実現しました。
ルミネセントデジタルメーターを採用し、エコドライブアシスト照明などにより、エコドライブをわかりやすく サポートします。
全車エコカー減税(環境対応車普及促進税制)免税レベルに適合しました。

2.パッケージ/ユーティリティ:

コンパクトボディでありながら、実用性と快適性を追求した合理的なパッケージを採用しました。
前後席間距離は930mm と大人の方でも十分ゆとりのある足元スペースを設けることで、大人4人がくつろいで座れる快適な居住性を実現しています。
前後のドア開口部が、ほぼ直角まで開くドアを採用し、スムーズな乗降やチャイルドシートの積み下ろしを容易にしました。
カップホルダー付センターコンソールトレイ、インパネロアポケット、カーゴルームアンダーボックスなど便利な装備や収納も充実しています。

3. 安全性能:

高張力鋼板を効果的に使用し、軽量かつ高強度・高剛性のボディを採用しました。
フロントサイドメンバーを高効率エネルギー吸収構造とするとともに、最適化・合理化を追求した骨格構造により、軽量化を図りながら、衝撃吸収性能の向上や強固なキャビンを実現しました。
歩行者保護性能に配慮し、フードやフェンダーなど各所に衝撃吸収構造を採用しています。

4. デザイン:

エコ&スマートを表現した、シンプルで機能性に優れたデザインを採用しました。
燃費向上のために空力性能にもこだわりました。
LEDのリヤコンビランプは、高いエコロジー性能をイメージし、木の葉をモチーフとしたデザインを採用しました。
ルミネセントデジタルメーターや金属基調のフラッシュパネルオーディオにより、新鮮さと高い質感を演出しています。
ボディカラーは、全10色を設定しました。

【商品特長】

1,000台/月
[PR]
by tamarin21jp | 2012-12-10 15:31 |
<< リミッター外し あら、健在♪ >>