カネ余りチャイナ 輸入高級車市場がバブル化?

b0045558_12312059.jpg

中国で高級輸入車の市場がバブル化の様相を見せ始めている。上海紙、新聞晨報によると、ポルシェ、マセラッティ、レンジローバー、メルセデス・ベンツなど、1台100万元(約1250万円)を超える高級輸入車の新車販売が絶好調で、輸入台数が需要増に追いつかない状態が続いている。

 上海の輸入車ディーラーによると、高級車のほとんどが半年以上の納車待ちの状態で、なかでもポルシェのスポーツ多目的車(SUV)「カイエン」の新型の場合、納車まで早くとも1年以上かかるという。

 こうした売り手市場にあって、一日でも早く納車してもらおうと、ユーザーがディーラーに支払う手数料の相場が、一部の車種で20万元(約250万円)にまで跳ね上がっており、輸入車の価格を事実上、高騰させる結果となっている。

 不動産バブル対策として中国政府が融資規制や購入制限などの措置を相次ぎ打ち出しているため、“カネ余り”となった中国の富裕層などが、投資や投機の対象として高級輸入車に目をつけたものとみられる。中国各地で、富裕層や党幹部などの子供が高級車で暴走し、重大な交通事故を起こすケースも増えている。

人気ブログランキング
Click!
お願いします
_| ̄|○

上海で、ナンバープレートを貰うには約80万円必要と聞いたことがあります。
[PR]
by tamarin21jp | 2010-12-03 12:32 |
<< スバル、12月下旬発表の「イン... サッカー日本代表 公認サングラ... >>