マツダ、東京モーターショーでハイブリッド車に匹敵する技術を披露

b0045558_1921880.jpg

 マツダは29日、来月24日から千葉市の幕張メッセで一般公開される「第41回東京モーターショー」に国内初公開する試作車「マツダ 清(きよら)」について、エンジン動力だけでハイブリッド車(HV)並みの低燃費を実現することを明らかにした。燃費は1リットル当たり32キロを目指す。同社独自の最新技術を駆使しており、同様の技術を搭載した市販車を平成27年前後に販売する方針。

 「清」は昨年10月のパリ国際モーターショーで世界初公開された。排気量1300ccの小型車で、同社が今回、世界初公開する燃費性能を向上した新型エンジンを搭載するほか、独自のアイドリングストップ技術「アイ・ストップ」、減速時のエネルギーを回生してバッテリーを充電するシステムなどを採用する。実現すれば、現在市販されているHVと遜色(そんしょく)ない燃費となる。

 技術のマツダ。頑張れよ。

人気ブログランキング
Click!
お願いします
_| ̄|○
[PR]
by tamarin21jp | 2009-09-29 19:21 |
<< 独VW、パナソニックから純正カ... egbridgeベース、Ma... >>