プジョーRCZ

  2年前のここフランクフルトで、「308 RCZ」としてブースを飾ったコンセプトカーが、2010年春の発売を前に、現実のものとしてショー会場に姿を現したのだ。フロントからの眺めは、もはやすっかり見慣れたプジョーの猫顔だが、一方、その後ろ姿には驚きがある。“ダブル・バブル”のデザインは、短いルーフだけでなく、なだらかに傾斜するリアウィンドウにも受け継がれていて、モダンとクラシックを見事に調和しているのだ。。ワイド&ローのプロポーションもまた、ベースとなった308ハッチバックとは大きく異なる点で、名前から「308」が消えたのにもうなずける。インテリアは、ハッチバックとは別物の、スポーティでパーソナルな雰囲気が魅力的。エンジンは、1.6リッターの直噴ガソリンターボが2種類(156psと200ps)、2リッター直噴ディーゼル1種類(163ps)が用意される。日本への導入は2010年夏ごろとなる見込みだ。
b0045558_1934440.jpg

かわいい。
価格は、高くなりそうな雰囲気です。

人気ブログランキング
Click!
お願いします
_| ̄|○
[PR]
by tamarin21jp | 2009-09-19 19:03 |
<< 「ホンダCR-V」、マイナーチ... 現在地の位置情報で時間を設定 >>